犯人が判明した理由

「コロナ禍」というまがまがしい言葉が巷にあふれている昨今、道徳心をかなぐり捨てた不法投棄が増えた気がします。 「自粛生活でストレスが溜まっているせい」とか 「消費が物の購入のみに向かったせいで、不用物が増えた」と、もっと…

続きを読む

リーダーシップ

2020年11月25日付 読売新聞 「市有地の産廃撤去開始「大掃除作戦」」  伊豆市大平柿木の宗教法人敷地内に産業廃棄物を含んだ大量の土砂が投棄されている問題で、伊豆市職員らは24日、市有地での撤去作業を始めた。  投棄…

続きを読む

「無知は罪」だがしかし…

不法投棄事件の背景や状況を掘り下げた珍しい報道がありました。 ※当ブログ関連記事 2020年6月19日付 「神戸市の外郭団体による不法投棄」 2020年11月27日付 毎日新聞 「六甲山牧場で廃乳7トン不法投棄 元副場長…

続きを読む

完璧な(ハンズフリー)システムは存在し得るのか?

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の構造的問題に触れた珍しい報道がありました。 2020年11月21日付 神奈川新聞 「全国で続く産廃マニフェスト改ざん 業者任せ、限界露呈 」  産業廃棄物の汚泥を公共下水道に流していたと…

続きを読む

高槻爆発事件の排出事業者は不起訴

2019年7月に自宅から直線で4kmほど離れた場所で爆発事故が起きました。 部屋の窓を開けていたため、爆発音がその距離でも確実に伝わってきたことをよく覚えています。 当初は「事故現場は産業廃棄物処理業者の事業所」と報道さ…

続きを読む

失敗の根本原因

個人的には、手痛い失敗から立ち直り、それを乗り越える話が好きです。 経営や事業に失敗した人を十把ひとからげに「無能」と批判するのは早計であり、 失敗から教訓を学び、それを次に活かすことに成功した人こそ、むしろ賞賛すべきで…

続きを読む

契約の重さ

東証一部上場企業タケエイの関連会社が、鎌倉市から一般廃棄物処理委託契約を解除されたという報道がありました。 2020年10月30日付 産経新聞 「鎌倉市、リサイクル業者を契約解除 「処理方法に違反」を検証」 産経新聞の報…

続きを読む

ポイント経済はリサイクルの救世主となるか?

資源リサイクルを進める際に支障となっているものの一つが、「不用物の買取りが可能かどうか」です。 買取りが可能な場合は、一般的な商取引である「資源の買い付け」と同視できますので、何の問題もありません。 ※もちろん、「買取り…

続きを読む

川崎市が一時多量ごみの受入れを開始

※2020.7.6追記 川崎市の一般廃棄物収集運搬業者数に関する誤認がありましたので、記事を一部修正しました。 生活系一般廃棄物の場合、多くの自治体では、個別の一般廃棄物の種類ごとに回収日が設定されているため、基本的には…

続きを読む

神戸市の外郭団体による不法投棄

2020年3月中旬に発覚していた、牧場による「動物の死体」の不法投棄事件の被疑者が書類送検されました。 2020年6月16日 NHK 「廃棄物処理法違反疑いで書類送検」 神戸市の六甲山牧場で飼育員が敷地内に羊などの死骸を…

続きを読む

このページの先頭へ